【生活の中の危険を無くそう】壊れたシャッターの修理はプロに依頼

コンテンツ一覧

メンテナンスで長持ち

シャッター

不具合は早めに対処

現在の日本の住宅はあらゆる面で変わってきています。少し前までは、窓には雨戸が付いていました。雨戸は使わないときに収納しておく戸袋があり、外観のアクセントにもなっていました。しかし、現在では省スペースで雨戸よりも手軽に開閉が出来るシャッター付きの窓が増えてきています。電動の製品もあるので非常に便利です。これは家の作り方や、住む方のラウフスタイルが変わってきた事に加え、製品の改良によりより良いモノが市場に出回ってきたからともいえます。そのように、窓に付いているシャッター以外にもシャッターは多用されています。商店のシャッターはその代表格です。最近は電動の物も多くありますが、手動のシャッターもまだ多くあります。シャッターはスラットと呼ばれるシャッターの表面、そしてサイドのガイドレール、巻き上げるためのシャフトや上がるのをサポートするゼンマイのような部材などで構成されています。このどこかに不具合が出ると、音が鳴ったり、重くなったりします。その場合は早めに修理を依頼することが大切です。多くの部材はスチールで出来ている場合が多く、無理な摩擦などにより錆が生じたりして修理の手間などが掛かってしまう場合があります。そして、一つ一つの部材が大きいので、修理にも手間と時間がかかる場合が多いのです。ガイドレールや巻いたスラットを収納するシャッターボックスが使える状態ならば、スラットやシャフトなどを修理で交換して継続して使う事が出来ます。

Copyright© 2018 【生活の中の危険を無くそう】壊れたシャッターの修理はプロに依頼 All Rights Reserved.